ダウンロード

Windows XP/Vista/7用クライアント

TwitterがBASIC認証のサポートを終了したので、バージョン2.0.3.41以前のクライアントではTweetできません。最新版への更新をお願いいたします。
インストーラ Version 2.0.3.47
ソース ソースコード
実行には.NET Framework 2.0が必要です。Windows Update等を利用して、先にインストールしてください。
動作確認の取れているGPSロガー・レシーバーはこちら
詳しい画面説明に関してはここを参照してください。


Windows版には以下のライブラリを使用しています。

プラグイン

都道府県境チェッカー Version 1.0.0.0

バージョンアップ履歴

Windows XP/Vista/7用
Version改定内容
2.0.3.47 Twitter APIの仕様変更に対応
2.0.3.46 ウィンドウが画面外に飛び出してしまうことがあるバグを修正
過去の設定ファイルを引き継いでしまい、一部設定が保存されないバグを修正
2.0.3.44 日本語が含まれているstatusのtweetに失敗するバグを修正
レーダー範囲にユーザーが入ったとき効果音が複数回鳴ってしまうバグを修正
2.0.3.43 近接ユーザーに自分が含まれるバグを修正
一部記号が含まれているとxAuth認証に失敗するバグを修正しました
2.0.3.42 Twitter認証をxAuthに変更
自動住所POST時に空住所を取得したらPOSTしないようにしました
2.0.3.41 近接ユーザー取得部分のコードを全面的に書き換えました
自動住所POST時に同一住所チェックを行わないオプションを追加しました
コマンドラインオプションで起動時の挙動を変更できるようにしました
2.0.3.40 NMEAログの保存先ディレクトリを選択できるようにしました
2.0.3.38 近接ユーザー情報を出力できるようにしました
イベントで音を鳴らすようにしました
プラグインを開発できるようにしました
TwitterのGeoTagging機能に対応しました
今ココ地図の表示にTwitterのアイコンを指定できるようにしました
アイコン情報を保存するようにしました
GPS読み込み部分で出ていたエラーをさらにつぶしました
2.0.3.29 西経・南緯の地域でも使えるように修正
NMEAエラーが一定確率で出る症状を改善
2.0.3.28 以前に今ココなう!クライアントをインストールしたことがない状態でクライアントをインストールして実行すると実行時エラーになっていたバグをfix
2.0.3.27 自動Postまでのメーターを追加
時速50km以上のときは非送信地帯でも位置送信するように変更
NMEAセンテンスの受信で、取りこぼしがあったのを修正
アセンブリ名を変更
2.0.3.4 座標クリア機能の追加
自動イマココまでのメーターを追加
自動イマココ中インジケータを追加
API URLの指定を削除。
通信ポート・速度の自動設定を追加
速度フィルタの有無を追加
表示アイコンの指定を追加
非送信地帯の編集を追加
通信モードの指定を削除
2.0.2.23タイムアウト時間を調整
インストーラが.NET Framework 3.5を要求していたのを2.0に修正
自動イマココ時の文言をカスタマイズ可能に
サーバにログを保存するオプションをデフォルトOFFに変更。またその状態が保存されていなかったバグをfix
2.0.2.21ファイルに保存したとき改行が入っていなかったバグをfix
シリアル通信で遅延が発生することがあった現象を解消
2.0.2.20サーバにログを保存するオプションの新設(デフォルトは「保存する」です)
非公開エリアの範囲オプションが手入力の場合保存されていなかったのを修正
Post間隔が距離のとき、距離計算が間違っていたのを修正
非送信範囲の判定が常に小さな値で行われていたバグを修正
2.0.2.18自動イマココ機能の追加
2.0.2.16First Release
都道府県境チェッカープラグイン
Version改定内容
1.0.0.0 初版リリース