ダウンロード

Windows Mobile用クライアント

TwitterがBASIC認証のサポートを終了するにあたり、バージョン1.0.2.68以前のクライアントではTwitterへのPOSTができなくなります。最新版への更新をお願いいたします。
インストーラ Version 1.0.3.72

動作確認の取れているWindowsMobile機種はこちら
実行には.NET Compact Framework 2.0が必要です。Windows Update等を利用して、先にインストールしてください。

もし、実行時に「エラーメッセージを含んでいる省略可能なリソースアセンブリが見つからないため、エラーメッセージを表示できません」というメッセージが表示された場合、以下の手順に従って.NET Compact Frameworkの日本語リソースファイルを導入してから再度起動し、エラーメッセージを報告してくださるようお願いいたします。
  1. .NET Compact Framework 2.0 の最新バージョン SP2 をダウンロードする
  2. ダウンロードした NETCFSetupv2.msi を実行して、PC上にインストール
  3. PC上 の \Program Files\Microsoft.NET\SDK\CompactFramework\v2.0\WindowsCE\Diagnosticsの中の、System_SR_JA_wm.cab というファイルをデバイスにコピーする
  4. デバイス上で、System_SR_JA_wm.cab を実行して、インストールする
詳しい画面説明に関してはここを参照してください。
基本的に「自動でGPSを管理する」モードをご利用ください。ただしこのモードではNMEAログを保存することができません。
NMEAログを保存したい方は従来のシリアルポート接続モードをご利用ください。

WindowsMobile版には以下の拡張dllを使用しています。

バージョンアップ履歴

Windows Mobile用
Version改定内容
1.0.3.72 日本語が含まれているstatusのtweetに失敗するバグを修正
レーダー範囲にユーザーが入ったとき効果音が複数回鳴ってしまうバグを修正
1.0.3.71 ログフォルダが存在しないとき、デバッグログ出力をONにしているとエラーで落ちるバグを修正
一部記号が含まれているとxAuth認証に失敗するバグを修正
1.0.3.70 AquesTalk2ライブラリを使った近接ユーザーの読み上げを実装しました(ネットワークに接続している必要があります)
ログフォルダが存在しないとき、百景GATEの起動に失敗するバグを修正
HTTPアクセス失敗時、NullReferenceExceptionになるバグを修正
1.0.2.69 近接ユーザー情報に自分自身が含まれる問題を解決
コマンドラインオプション/connect時、/ap、/atが効果を表さないバグを解決
Twitter認証をxAuthに変更
百景GATE連携機能
1.0.2.68 近接ユーザー取得部分を全面的に書き換えました
コマンドラインオプションで起動時の挙動を変更できるようにしました
/ap
自動位置情報をONにします
/at
自動イマココをONにします
/connect
GPS接続をONにします
1.0.2.67(非公開) 住所ポスト間隔を指定できるようにしました
1.0.2.66 「東京座標系のGPSを使う」オプションの状態が保存されていないように見えるバグを修正しました
終了時にアプリケーションエラーになるバグを修正しました
メイン画面のコンパスのN極を目立たせました
1.0.2.65非送信地帯に入ったあと、2分後に位置情報が送信されていたバグを修正しました。
(起動時に非送信地帯だった場合は送信していません)
1.0.2.64近接ユーザー情報をだすと落ちるバグがあったので修正しました
近接ユーザー情報を使用するチェックボックスの状態が保存されていなかったのを修正しました
1.0.2.62近接ユーザー情報を出力できるようにしました
今ココ地図の表示にTwitterのアイコンを指定できるようにしました
TwitterのGeoTagging機能に対応しました
1.0.2.56WSIM使用時に回線の再接続に失敗していたバグをfix
今ココなう!アカウント情報の確認ボタンを追加
1.0.2.55β3WSIM使用時に送信間隔が60秒固定になっていたのバグを修正
ログ出力フォルダを指定したのに変更されていないように見えたバグを修正
β2でConnectionManager周りのコードをテスト用に修正したままリリースしていたので元に戻した
1.0.2.55β2「リモートホストに接続できませんでした」「操作を完了するために十分なスレッドがThreadPoolオブジェクトにありませんでした。」のエラーが出なくなるよう、HTTPアクセス部を全面的に書き換え。
1.0.2.53WSIM使用時に計測回数のカウントアップをするようにしました。
ログ出力フォルダを指定可能にしました
音声ファイルのファイルダイアログにFileDialog.dllを使用し、My Documents以外のディレクトリも参照可能にしました
GPS接続中はスリープしないようにしました
東京測地系のGPSレシーバも使用できるようにオプションを追加しました
1.0.2.51西経・南緯の地域でも使えるように修正
NMEAエラーが一定確率で出る症状を改善
W-SIMで測位可能に
指定できるアイコンの増加
1.0.1.45「自動的にGPS管理する」モードで約90秒ごとに再接続を繰り返し、最終的に切断してしまうバグをfix
1.0.1.44GPS Intermediate Driverに対応し、「自動的にGPS管理する」オプションを追加
非公開地域でGPS接続したときに1回非公開地域を無視して位置送信してしまうことがあるバグをfix
1.0.0.41First Release