Mainタブ

普段使う画面になります。


Mainタブ説明
項目 説明
①緯度・経度・速度・移動距離 GPSから取得した情報(移動距離は内部で計算)
②自動送信 自動送信スイッチがONでGPSがfix(インジケータが緑)のとき、継続してサーバへデータを送信します。送信間隔は設定タブで指定できます。
③自動イマココ 自動イマココスイッチはONのとき10分間隔で現在座標の住所を取得します。
前回取得した住所と市区町村が変わっていたら自動でTwitterへイマココをポストします。
判定基準は①東京23区の場合区が変わる ②政令指定都市の場合区が変わる ③それ以外の場合市町村が変わる となります
住所取得に失敗した場合、1分後にリトライします。住所が同じと判定された場合次の住所取得は2分後になります
④座標クリア 通常、サーバに送信された座標は5分間保持されますが、このボタンを押すと即時にクリアされます。
⑤住所取得 住所取得ボタンで現在の座標の住所をサーバから取得し、TwitterPost内容に設定します
⑥自動イマココ時間 メーターがいっぱいになると、次の今ココを行います。Windows XPでは分かりにくいです。すみません。
⑦TwitterPost内容 TwitterにPostする内容です。
⑧Twit TwitterPost内容をPostします。
⑨非送信地帯登録 現在位置を非送信地帯として登録します。GPSで座標が取れている状態で押すことができます。
登録座標から設定タブで設定した半径の中では自動送信状態でもサーバへデータを送信しません。
最低限自宅もしくは駐車場を登録しておくことをお勧めします
⑩位置Post 現在の座標をサーバへ送信します
⑪GPS接続 GPSロガーへ接続し、GPS情報を取得する状態にします。
接続中はボタン名がGPS切断に変わり、押すとGPSロガーから切断します。

⑫ステータスバー説明(左から)
項目 説明
メッセージ欄 サーバへの送信結果やエラーなどのメッセージが表示されます
非送信地帯インジケータ 非送信地帯に入っているとき「非通知」と表示されます
自動イマココ中インジケータ ③自動イマココがOnのとき「自動イマココ」と表示されます
自動送信中インジケータ ②自動送信がOnのとき「自動送信」と表示されます
保存中インジケータ GPSデータをファイルに保存しているとき「保存中」と表示されます
NMEAセンテンス受信数/エラー数 GPSロガーから受信したデータの数とそのうちエラーになった数を表示します
GPS fix状態 位置情報のfix状態を表示します。GPS(GPSの電波で位置が確定している)、DGPS(GPSに加えてDGPSの補正がかかっている)などがあります
通信状態 切断状態のとき赤、接続中でfixしていないorデータが来ていないとき黄、fixしているとき緑になります

受信データ詳細タブ

GPS情報を詳しく表示します。詳しい意味はNMEAフォーマットなどを調べてください。


受信データ詳細タブ
項目 説明
①時刻 日本標準時での時刻です
②緯度 現在位置の緯度です。北緯しかサポートしていません
③経度 現在位置の経度です。東経しかサポートしていません
④高度 現在位置の高度です。
⑤速度 移動速度です
⑥方位 移動方向です
⑦加速度 直前1秒間の平均加速度です。プログラムで計算しています。
⑧距離 前回サーバにデータを送信してからの移動距離です。プログラムで計算しています
⑨DOP 座標の精度を表します
⑩GPSモード 0=not fix、1=3Dfix、2=DGPS利用
⑪衛星捕捉数 利用しているGPS衛星の数です

設定タブ

各種設定を行います。


サーバー設定
項目 説明
①UserID 今ココなう!サービスのIDを設定します。
②Password 今ココなう!サービスのパスワードを設定します。
通信ポート設定
項目 説明
③ポート名 GPSロガーの接続されているポート番号を指定します
④通信速度 GPSロガーとの通信速度です
⑤自動設定 ポート名と通信速度を自動で設定します。見つからなかったら手動で設定してください
Twitter
項目 説明
⑥ID TwitterのIDを指定します
⑦Password Twitterのパスワードを指定します
⑧座標を付ける 住所取得したときに[緯度,経度]を追加します
⑨自動イマココ 自動イマココするときにPostする内容の先頭文字列を指定します
⑩フッタ フッタ文字列をつけるかどうかを指定します
⑪フッタ文字列 自動イマココするときにPost内容の後ろにつけるフッタ文字列を指定します
⑫地図URL 自動イマココで送りたいURLを記述します。API仕様も参考にしてください
⑬TinyURLボタン 地図URLの中身をTinyURLで短縮し、⑪フッタ文字列に入れます
データ
項目 説明
⑭ファイルに保存する NMEAセンテンスをそのままファイルに保存します。GPS接続後でもチェックを入れた瞬間から保存します
⑮サーバに保存する サーバ側にログを保存します。後からGPX形式でダウンロードできるようになります
⑯速度フィルターを入れる 移動速度が1.5km/h以下のときは自動送信しません
⑰自動POST時 自動送信時の送信間隔を指定します。10/20/30秒、250/500/1000mごとから選ぶことができます。
⑱アイコン 地図上に現れる自位置アイコンを指定します。この情報は保存されません
非送信地帯
項目 説明
⑲リストボックス 現在までに追加された非送信地帯の一覧が表示されます
⑳追加ボタン 緯度経度を直接指定して非送信地帯を設定できます。
(21)削除ボタン リストボックスで座標を選択してから押すとその地点を削除します
(22)編集ボタン リストボックスで指定した座標を編集できます
(23)非送信半径 登録した座標から半径どれくらいの範囲を非送信地帯にするかを設定します。標準では250/500/750/1000/2000/3000mから選べますが、自分で数字を入れることも可能です。